CSR活動CONTRIBUTE

持続可能な開発目標(SDGs)とは

Sustainable Development Goals

「Sustainable Development Goals」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール?169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsの理念とその達成に向けた取組は社会において主流化が進んでおり、世界中の主要な企業がSDGsに積極的に取り組むことを宣言しています。

若築建設とSDGs

若築建設とSDGs

若築建設株式会社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

建設業の活動は多岐にわたっており、SDGsの17のゴールと深い関わりを有しています。
若築建設は創業以来130年にわたり、社会資本の整備や地域の方々との交流を通じて、地域や社会の発展に貢献してきました。今後も、国際社会の一員として持続可能な開発目標(SDGs)に賛同し、よりよい国際社会の実現に貢献?尽力していきます。

当社の取り組み事例

マテリアリティ(重要課題)の策定

建設事業の事業領域は多岐にわたり、SDGs17のゴールと関わり合いを持っています。
しかし、17のゴール全てが等しく重要ではありません。
そこで、17のゴール、169のターゲットの中から、当社として優先的に取り組んでいる課題(以下、マテリアリティ)を策定しました。
マテリアリティを策定した後、当社の環境?社会?ガバナンスに関するマテリアリティを13個抽出し、「自社経営にとっての重要度」と「社会にとっての重要度」の2次元マトリックス図にプロットすることにより、当社の取組の優先順位を明確化しています。

マテリアリティの策定

マテリアリティに対する取組

※表を左右にスワイプすると全体を確認することができます。

ESG マテリアリティ重要課題 マテリアリティに対する取組の方向性 関連するSDGs
環境
Envionment
環境浄化事業 全ての生物が過ごしやすい環境を整えるために、池や湖沼の浚渫工事や海浜の清掃活動を積極的に行います。 6 安全な水とトイレを世界中に

安全な
トイレと水

7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

クリーン
エネルギー

13 気候変動対策

気候変動対策

14 海の豊さを守る

海の豊さを守る

15 緑の豊さを守る

緑の豊さを守る

再生可能エネルギー事業低炭素社会の実現につながる風力?バイオマス発電など、社会インフラの整備を担います。
海洋環境の維持海洋土木工事のスペシャリストとして、海洋環境に負担をかけない技術の開発と活用に尽力します。
工事による排出CO?の削減工事で発生するCO?排出量削減に貢献し、低炭素社会を目指します。
社会
Social
働きやすい職場の確保 全ての従業員が健康で安全に働けるような職場環境を整えます。 3 すべての人に健康と福祉を

健康と福祉

4 質の高い教育をみんなに

質の高い教育

5 ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等

8 働きがいも経済成長も

働きがいと
経済成長

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

産業と技術革新

11 住み続けられるまちづくりを

住み続けられる
街づくり

人材育成 持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得します。
地域社会への貢献 地域交流や貢献活動に積極的に取り組み、住み続けられるまちづくりに貢献します。
ダイバーシティの推進 ジェンダーに関係なく働くことができるために、ICTをはじめとする技術の活用を強化します。
工事生産性の向上 ICTの全面的な活用により、あらゆるプロセスで生産性の向上を図ります。
防災?減災への取組 防潮堤や堤防の強化によって、水関連災害などの災害による死者や被害者の削減を目指します。
品質?安全の確保 高い品質と安全を確保し、全てのお客様の満足度を向上します。
組織
Governance
コーポレートガバナンスの強化 法令遵守の徹底や高い倫理観をもって、企業の社会的使命を果たしていきます。 6 不平等をなくそう

不平等をなくそう

7 つくる責任つかう責任

つくる責任
つかう責任

16 平和と公正

平和と公正

17 力を合わせよう

力を合わせよう

ステークホルダーとの積極的な会話 株主や取引先をはじめとする全てのステークホルダーの信頼に応えて、健全で持続的な成長を図ります。

KPI(数値目標) ?2030に向けて?

マテリアリティ②再生可能エネルギーの推進
「年間発電量総計100億kWh(出力100万kW級の原子力発電1基相当分)を目標に再生可能エネルギー関連施設の建設に携わる」

SDGS
施策
洋上風力発電への積極的な検討、これまでの再生可能エネルギー事業の実績と経験を活かして、当社の技術力のアピール強化 等
マテリアリティ④工事による排出CO?の削減
『施工段階におけるCO2排出量を2030年度までに30%削減する(1990年度比)』
 (※日建連目標=25%削減)

SDGS
施策
施工管理システムなどによる作業効率の向上、高省燃費型の建設機械?作業船の利用推進、建設汚泥の固化処理技術の開発と場内利用推進による土砂運搬土量の削減、機械の点検整備?省エネ運転?アイドリングストップなどの励行 等

マテリアリティ⑨工事生産性の向上
『2030年までに作業生産性を20%UPさせる技術開発を5件以上実施する(2018年度比)』

SDGS
施策
ICT施工等、高効率の施工技術の開発、管理システムの開発、技術研究所の強化、プレキャスト工法の高度化、保有する作業船の高性能化?自動化 等
伦埋琪琪电影院/手机在线看片欧美亚洲/番号大全/久爱